墨田区の出張写真撮影

墨田区の出張写真撮影プロカメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 墨田区

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは墨田区でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

出張 撮影

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 写真

 

≪地域情報≫

出張 写真 墨田区

墨田区の概要
東京都の特別区のひとつで、23区内のやや北東に位置する。「おいてけ堀」など「本所七不思議」は、昔の墨田区が舞台である。押上・業平橋地区では、自立式鉄塔としては世界一となる高さ634mの地上デジタル放送用タワー、東京スカイツリーが2012年5月に開業した。観光と防災都市のシンボルにし、世界一の観光都市を目指すという。

 

墨田区の沿革
1947年(昭和22年) - 本所区と向島区が合併して墨田区が成立する。

 

歴史(近世・現代)
1878年(明治11年)に北部は南葛飾郡に編入され、南部は東京15区の一つ・本所区として成立するようになる。また、工業化の波が押し寄せることとなり、北部も南部も開発が進んでいくようになった。1894年(明治27年)には、重要な交通手段である総武線が開業した。このように発展してきたが、1923年(大正12年)の関東大震災により、区域の大半が焼失することとなった。特に、元陸軍被服廠跡地(現在の横網町公園など)では、多くの人が避難をしたものの、猛火に遇い、4?5万人といわれる多大な焼死者を出した。

 

やがて、それらによる被害も復興していくようになり、1932年(昭和7年)には、北部に向島区が誕生。1935年(昭和10年)の国勢調査人口は、現在の墨田区域(当時の本所区と向島区の合計)で464,892人であり、隣の台東区域(当時の浅草区と下谷区の合計)464,217人と共に、東京で最も人口が集中しているエリアであった。

 

しかし、第二次世界大戦(特に1945年の東京大空襲)により、またもや区内全土は大きく焼失した。1947年(昭和22年)に本所区と向島区が合併し現在の墨田区が誕生した。区名は、隅田川の堤の通称「墨堤」から墨を、隅田川から田を取ったものであった。1963年(昭和38年)までは、町の復興及び発展とともに人口が増加していったものの、その後は頭打ちとなり減少し始めた。また、町工場も郊外や日本国外への移転などにともない減少していくこととなった。

 

近年では、これら工場跡地にマンションを建てるなどの開発が進められ、特に2000年(平成12年)以降は人口が大きく増加(回復)している。

 

墨田区の町丁
・北部(旧向島区)
墨田(すみだ)、堤通(つつみどおり)、東墨田(ひがしすみだ)、八広(やひろ)、東向島(ひがしむこうじま)、立花(たちばな)、文花(ぶんか)、京島(きょうじま)

 

・中央部(旧本所区・向島区)
吾妻橋(あづまばし)、東駒形(ひがしこまがた)、本所(ほんじょ)、業平(なりひら)、横川(よこかわ)、向島(むこうじま)、押上(おしあげ)

 

・南部(旧本所区)
横網(よこあみ)、両国(りょうごく)、千歳(ちとせ)、石原(いしわら)、亀沢(かめざわ)、緑(みどり)、立川(たてかわ)、菊川(きくかわ)、太平(たいへい)、錦糸(きんし)、江東橋(こうとうばし)